競馬予想サイトの口コミって実際どうなん?

雨が降って馬場が悪いときにはインコースが不利になることも多い

競馬予想をするときにはインコースとアウトコースの有利、不利について知っておく必要があります。

基本的に競馬ではインコースを通った方が、ロスが少なくて有利とされています。

もちろん、インコースを通ることで前が壁になって抜け出せないなどのリスクもあるのですが、そういったことが起きなければ、一般的にインコースを終始は知った方が距離ロスが少ない分、有利ということが言えるのです。

しかし、例外があって、主に芝コースにおいては雨が降って重馬場、または不良馬場になっているようなときには、インコースが不利になることがあるのです。

馬場が悪くなったとしても相変わらずインコースを通っていくと距離ロスは少ないですけど、馬場があまりにも悪くなりすぎていて、馬がすごい走りづらいということがあります。

元々インコースは多くの馬が通るので、馬場が悪くなる傾向にありますが、雨が降ったときにはその程度はより深刻になり、距離ロスが少ないというメリットを凌駕するほどに走りづらいというデメリットが生まれてしまいます。

だから、雨が降って馬場が悪くなったときには、外を通ってきた人気の低い馬が勝つことがしばしばあります。

馬場が悪い状況を苦にする馬とそうじゃない馬がいるので、一概に言えることではないですけど、全体的にそういったことが言えるということになります。

だから、競馬予想をするときには雨が割と降っていて、馬場が悪くなっているときには、競馬の常識をちょっと疑ってみて、外側の方が有利だと考えてみるのも良いのです。

特にそういった状況において、人気の馬が内枠、人気薄の馬が外枠にいるようなときには、大穴を狙って、外枠の人気薄の馬を買うというのはおすすめになります。

大穴を当てるというのはかなり難しいと言えますけど、競馬予想口コミと評判でも特定の条件下ではその確率を上げることができるはずです。

馬場が良いときには実力がそのまま出やすいということが言え、紛れが少ないということになります。

したがって、穴狙いとかではなくて、堅実に馬券を買っていきたいという人にとっては良馬場のレースを選ぶべきだと言えるでしょう。

しかし、穴党のような人にとっては馬場が荒れているときに狙いを定めていくと良いと言えるのです。

雨が降っているとき、馬場が悪いときにはインコースが不利になることがあるというのも競馬予想では重要ですが、そういた知識を実際に馬券の買い方に応用していけると良いでしょう。