競馬予想サイトの口コミって実際どうなん?

馬の競走能力を比較するために必要な情報

馬の能力の高さを判断したいときに役立つのが持ち時計です。

やはり良い持ち時計を持っている馬は優れた能力があると思って間違いないです。

しかし、持ち時計が良くても調子が悪いと本来持っている能力を発揮できないものです。

また、スピード決着になりそうにないレースだと持ち時計が良くない馬でも馬券になることができます。

そのため、持ち時計に興味があるのならば馬場のことも頭に入れておくことが欠かせないです。

また、新潟のように直線が平坦な競馬場の方が時計が速くなりやすいので持ち時計を比較するときに注意が必要です。

速い持ち時計を持っていても記録したレースが古すぎると信頼性が低いです。

開幕週など馬場状態が良いときは能力が高くなくても速く走れることも知っておくべきです。

持ち時計の正しい利用方法を知っていれば、長い間損をしないで利益を出し続けることができます。

馬場も考慮して持ち時計を活用したいのならばスピード指数を自分で計算することをおすすめします。

スピード指数を計算するロジックは簡単なので誰でも作れます。

予想を始める際にはまず持ち時計を確認する習慣を持つべきです。

競走馬がもっとも速く走った時のレースの持ち時計はネットで無料で確認できます。

持ち時計が遅い馬ばかりが好走するレースはあまりないので、ある程度速い持ち時計を記録したことのある馬を軸にすることが基本です。

持ち時計が最も速い馬は人気になりやすいのですが、必ずしも1着になるとは限らないです。

そのため、自分が買おうと思っていた馬の持ち時計が一番速くなくても1着になれる可能性は十分あります。

馬の競走能力を知るためのアプローチのやり方はいくつもありますが、持ち時計の比較は非常に簡単にできる方法の1つです。

持ち時計が問題なくてコース形態に適した走りのできる馬を積極的に狙うようにすれば外れ続ける心配はないです。

持ち時計だけを重視するのではなく、距離適性の高い血統を探すなどいつくかの予想ファクターを使って馬券を検討する必要があります。

どんな血統の馬がどのコースで良い成績が出ているのかを予想の前に調べておいて損はないです。

当日にチェックした方がいいのはオッズや馬場の荒れ具合です。

競走馬は荒れている馬場を速く走ることはできないので、有利になりそうな枠で持ち時計の速い馬を軸にするのがベストです。

内と外のどちらが有利な馬場なのかを必ず調べることが競馬で利益を出すコツです。